歯ぶらぶ

歯磨き、ハブラシ、歯医者への疑問、歯科に関する皆が知りたいことを歯科衛生士ががんばって伝えていくブログ*

良い歯医者、悪い歯医者の見分け方(衛生士目線)

 

f:id:terauribou:20160815153234p:plain

 

 

今回は歯医者の先生についてです。

前に勤めていた大きめの歯科で体験したことがメインですが、最後のコマの出来事は今勤めているところであった話です。

 

歯科に携わっていないかたが治療の良し悪しを見極めるのは難しいと思います。

大事なのはあなたが理解・納得できる説明をしてくれる、質問にしっかり答えてくれる、あなたが納得しないままで治療を始めないということではないかなと思います

 

今、勤めている歯科では鏡や治療説明用の写真を使って治療の前に説明をしています。

決心のつかない患者さんには無理に当日に治療するということはありません。

グラグラだけど歯を抜きたくない、神経が痛むけど治療したくない、でも今の歯医者だと抜歯や治療をするしかないという選択肢しかないという場合にはもう1件違う歯医者に行ってみるということをおすすめします。

 

歯医者はコンビニよりもたくさんありますので、先生と相性が悪いなと感じたら、ぜひ違う歯医者に行ってみてください。

信頼できる先生や衛生士に出会えるかもしれません。

 

読んでいただいてありがとうございました!